加齢臭対策で意識したい4つのポイント

加齢臭対策で意識したい4つのポイント

加齢臭は、年齢とともに気になる体の臭いです。男性女性問わず、体から出てくる臭いがきつくなってきます。自分ではあまり気が付かない臭いですが、エチケットとして加齢臭対策を紹介します。

 

汗をかいたらこまめに着替える

 

汗をかくと、時間が経ってから臭いを感じます。これは、汗や皮脂は皮膚表面にある雑菌によって分解され繁殖していくからです。分解するときに臭いが発生し、広まっていきます。
加齢臭対策は、汗をかいたらできるだけ早く、シャワーをしたり拭き取って着替えることです。汗を残さないようにすれば、雑菌による分解を抑えることができます。臭いを感じる前に行うのがポイントになります。

 

臭いが強いものは食べないようにする

 

キムチや納豆のように臭いの強いものは、食べた後に体臭が強くなる傾向があります。おいしくて、健康にも良い食材なのでついついたくさん食べたくなりますが、出掛ける予定があるときやデートの前には食べないように気を付けます。
息から臭うのではなく、じんわり汗をかいたときなどに汗の臭いがきつくなるためです。加齢とともに臭いが強く感じます。

 

腸内環境を改善する

 

年齢とともに腸内環境が悪化していると、体の中の老廃物をうまく外に出すことができずたまりがちになります。そして、体の中に留まっている時間が長いと臭いが増してきます。
腸内環境を改善して臭いを軽減させる方法があります。毎日乳酸菌を摂取して善玉菌を増やしたり、食物繊維を多く摂って排便を促します。サプリメントで補うと効率よく摂取できます。腸内環境が改善されると、加齢臭が軽減される他、消化吸収が良くなり栄養が体の隅々まで行き渡ります。疲れにくい体になり、積極的に体を動かしたくなります。老廃物は、尿や汗と一緒に体の外に出すことができるので、運動をして汗をかくことも大切です。

 

毎日お風呂に入る

 

シャワーもいいのですが、ゆっくりと湯船につかると血のめぐりが良くなります。血行を改善し、肌の調子も良くなっていきます。体を清潔にして、汚れや臭いを洗い流します。
加齢臭は完全に落とすことは難しいのですが、軽減することは可能です。