有酸素運動は日中に、筋トレは夜寝る前がベスト

有酸素運動は日中に、筋トレは夜寝る前がベスト

ダイエットを成功させるための鍵は男女共に「筋肉」をしっかり育てることです。

 

 

食べ物を減らすことは大事ですが、ただ減らすだけでは体重が減るだけで体型は引き締まりません。

 

しっかりたんぱく質を意識して炭水化物を若干減らし目で食べることがポイントで、野菜や海藻、きのこなどもバランスよく食べることです。栄養バランスが良いと少し食べる量が減っても空腹感がそこまで強くなりません。また甘いものを食べない方が良いのはカロリーだけの問題ではなく食欲を増進させてしまうからなのですね。甘いものを食べるともっと食べたいと思います。本当の空腹なのかたんなる口寂しさなのかわからなくなります。

 

 

 

食生活を整えた上での有酸素運動、どの時間帯にしても消費カロリーは変わりませんから、お好きな時間でいいのですが、夜に筋トレを持ってきた方がいいと思うので、なるべく明るい時間のうちにウォーキングやジョギング、もしくは自転車や水泳など好きな運動をしましょう。
夜に筋トレをした方がいいのは、それは筋トレをしてから寝ると寝ている間も消費カロリーが上がるからという説があるからなのです。
で、毎日しなくてもいい、48時間ぐらいは効果があるという説もありますよね。
つまり筋トレをして筋肉を傷めます、それを修復するのには時間がかかります。

 

 

筋肉痛などが起こる人もいますよね。

 

そしてその傷んだ筋肉が修復されて筋肉が強くなる、つくわけです。なので筋肉痛がきたら嬉しいと言う人もいます。まだ鍛えられる余地があるということですからね。
筋肉がつけば、筋肉痛は起こりにくくなります。

 

 

ムキムキにしたい人は負荷を上げていってどんどん大きな筋肉を作っていきますよね。

 

ダイエットであればそこまでする必要はありませんが、それでも、ダイエットの過程で脂肪が減る時には筋肉もどうしても減るので、それを防ぐために筋トレを入れておくのが大事なのです。
筋肉が減れば基礎代謝も落ちますからそれは避けたいところです。

 

 

2回に1回ほどでいいので夜、あとは寝るだけというリラックスした時間帯に筋トレをすることをおすすめします。
疲れてもすぐに眠れるので安心ですし、寝ている間にも腹筋が鍛えられている?と思うと嬉しくなりますね。

 

 

また実際の肉体への効果より、精神的に充実、自分はしっかりトレーニングしているという満足感のようなものが大きいです。
筋トレの効果を感じるのは個人差がありますが2カ月も過ぎる頃には「引き締まった?!」と自分でも感じる人が多いようですね。

 

 

そのまま継続すれば3カ月目ぐらいからは体重も減少していくでしょうから、最初の3カ月は体重に変化がなくても気落ちせずに頑張っていきましょうね。
"