ワキガや加齢臭の原因は日常生活に?改善する方法とは

腸内環境を整えて老廃物をためにくい体にして汗をコントロール

汗をかくと、臭いが気になります。

 

 

周りに気づかれなくないか心配になったり、臭くて気分を害することもあります。汗には2パターンあり、臭いが気にならない汗もあります。多汗症の汗は臭いが気になるタイプの汗で、だらだらと汗が続きます。多いときには、汗がたまってぽたぽたとしずくになって落ちてきます。この汗をコントロールできるように、体の中から変えていくことで汗にも少しずつ変化が出て来ます。

 

 

汗は、体の老廃物や毒素を排出するために大切な機能です。老廃物や毒素の排出は、便や尿からも出ていきます。

 

 

そこで、腸内環境を整えて老廃物をためにくい体に変えていくことで、汗のコントロールにつながります。腸内環境を正常にするためには、食物繊維や乳酸菌が必要です。便通の改善で腸の中がすっきりとして、消化や吸収の作用が高まります。食べたものを消化して、栄養をしっかりと吸収することができるようになります。

 

 

食物繊維が多く含まれる食物には、野菜や果物があります。食物繊維以外にミネラルや酵素、ビタミンなど健康や美容に効果のある栄養がたくさん含まれています。これらには、利尿作用もあり、毒素や余計な水分を尿として排出するように促す働きがあります。むくみが取れ、体のめぐりが改善されてきます。

 

 

体のめぐりが良くなると、汗をコントロールできるようになります。べたついた汗からさらっとした汗に変化していくので、汗の臭いが減ってきます。汗をかく量にも変化が出て来ます。

 

汗の臭い対策は、野菜や果物をたくさん摂取することで、改善されてきます。すぐに効果が表れるものではありませんが、継続して続けることで少しずつ体が変わっていきます。また、適度な運動を普段から行うことも大切です。汗が出ないということはありません。汗は体温調節など重要な役目をします。さらっとした汗に変わることで、臭いも減っていきます。

 

 

たくさん汗をかいたらすぐ着替えることも大切です。汗の臭いは、本人よりも周りの方が気になるからです。